Blog

[ ニキビ ]

[ ちば美容・形成外科クリニック 野田宏子先生 ]

最近のニキビの治療には2つの大きな進展がある。
ひとつはレチノイン酸(ビタミンA誘導体)で、角質を除き新陳代謝を早めるもの。もうひとつは光治療であり、フラッシュランプとレーザーによるものとがある。弱い出力で何回か照射するものから、1度照射すればよいものまで、色々出てきている。

これらの治療は、それだけやっていればいいというものではなく、スキンケアが基本にあって、併用することにより抜群の効果を表すことが出来るのです。またこのレチノイン酸の外用と、レーザーやフラッシュランプの照射療法を併用すると、さらに良い効果が得られます。


野田 宏子
[コラムのINDEXPAGEへ戻ります]