Blog

皮フ科医です。一般皮フ科の他に、美容皮フ科(にきび、しみ、そばかす、しわ、美顔、赤ら顔、いぼ、肥満、ピアス、わきが、脱毛、ケロイド、育毛、若がえり)をやっています。
   
現在診察室で感じることは、ストレスを抱えている人が大変多いことです。
日本は、これ程経済的に豊かな国になったのにどうしてでしょう。
ストレスは、人間の心と体の健康に非常に悪い影響を及ぼします。
数年前に自分自身が体験してよくわかりました。患者さんといろんな話をします。この人がまさかこんな苦労をしているなんて。びっくりする話が、たくさんあります。
皆さん一生懸命生きていらっしゃいます。でも少し考え方を変えてみませんか。人生は一度しかないのですから楽しい人生を送りましょう。
同じ事が起きても受け止め方によりストレスは、少なくなります。
プラス思考で。どんな事も小さな事だと考えれば楽になるのでは?
(偉そうな事を言ってごめんなさい。私は仕事でいろいろ経験して今は腹が据わってきました。)
   
床ずれ往診から、現在診療所で老人福祉(入院、デイサービス、訪問看護、ホームヘルパーなど)もやっています。
2003年11月老人ホームほほえみの里をオープンしました。土壁と木を使いご自宅に近い雰囲気です。
   
老人の為なら平気でかなりの事をやってしまいます。
デイサービスのお楽しみのコーナーで、男装(ひげを書いて)をして、カラオケを熱唱?したり、ピエロの格好(パッチアダムス?)をしたりします。
今はテレサテンにはまっています。
   
冬ソナのヨン様素敵!
おかしなおかしな和ちゃんです。
   
外ではしっかり者で通っていますが、家の中ではドジで、ハチャメチャです。
子供たち(女・女・男)がしばしば「和ちゃん大丈夫?」と心配してカバーしてくれます。
運動神経がにぶく、方向音痴で、車の事がよくわかっていません。以前、夜仕事で出かけたところ、途中で道がわからなくなり、農道(周囲は田んぼだけ)に入り込んでしまいました。
怖くなって自宅に引き返したことがありました。
   
お菓子はマロンが大好きです。(モンブラン。栗羊かん)

「この人医者として大丈夫?」と思われるといけませんので、少しまじめな話を。

本を読むのが大好きです。勉強したいと思えばどこへでも出かけて行きます。好奇心いっぱいです。
アトピー性皮フ炎の治療をしていると食事の大切さに気づきます。食事の勉強会をしています。
   
「西三河トイレ掃除の会」の会員です。病院周辺の道路のごみ拾いもしています。(心もきれいになる気がします。皆さんもやってみられませんか?)
   
中小企業家同友会の会員です。
少人数で自分をみがく勉強会をしています。内観(これが難しい)をして、自分は何者か、自分はこの世で何をする為に生まれてきたのかを考えています。
百姓の娘がどうしても医者になりたくてなったのだから、医者という仕事を通じて社会のお役にたつことかなと思っています。
小さい頃は柿の木に登ったり、屋根に登ったり(バカは高いところが好き?)カエルを追っかけてました。

溝上 和子
[コラムのINDEXPAGEへ戻ります]