Blog

実りある2005年に

[ 河合皮フ科医院 河合公子先生 ]

冬のこの季節には、肌の乾燥が何もしないでおくとどんどんひどくなって肌がくすんだりかゆくなって来ます。10代、20代の若い人でも乾燥している人が多いように思います。空気の乾燥に加えてエアコン、洗いすぎ、こすりすぎ、洗浄剤の使いすぎ、偏食などが原因です。

2005年は息子が大学5年、娘が大学2年になる予定です。(順調に上がってくれますように)

私は大人になって数十年も経過しましたが、乾燥に加えてしわたるみしみなどが気になって来ました。若い人を見ると皮膚のトラブルがあっても、ただ若いという事だけでものすごい特権であるなぁうらやましい、とながめています。
自分にもそういう時代があったのにその頃には全くそのような事は考えもしませんでした。老化して来てはじめて若さというものが貴重なものである大切にしなくては、と気づくんですね。
結局は、今生きているその時を大切にして充実しておかなければいけないと気づきました。
肌の事、心の問題、肉体的な事、仕事、家族、知人、一期一会を大切にしてこの一年を実りある年にしたいです。

本日は今話題のCoQ10の勉強会をスタッフ全員でします。
私、実はCoQ10オイルを使ってから、毛穴が目立たなくなり肌がしっとりして来たのです。このオイルは院内でのみ販売しておりすぐれものです。


河合 公子
[コラムのINDEXPAGEへ戻ります]